フィンガーフォロアー DOHC ボア&ストロークアップキット(124.8cc) DAYTONA(デイトナ) モンキー/ゴリラ(MONKEY):バイク メンテ館 - 17417

2019-11-11
カテゴリトップ > HONDA(ホンダ) > 50cc 【3】 > モンキー(MONKEY)
フィンガーフォロアー DOHC ボア&ストロークアップキット(124.8cc) DAYTONA(デイトナ) モンキー/ゴリラ(MONKEY)【適合車種】
モンキー/ゴリラ(12V Z50JN/P/S/T/V/W/X Z50J-2000001)、モンキー/ゴリラ(12V Z50JY/1/2/4/5/6/7 AB27-1000001〜)、モンキーバハ(Z50JM/N/P Z50J-1700001〜)

key:ボアアップキット

zero251747

最高、最強エンジンを目指し、デイトナ技術の粋を結集。
4stミニ エンスージアスト達に贈る「4V-ツインカムヘッドビッグボアキット」
完全新設計のシリンダーヘッドは、燃焼室形状の最適化とフロントタイヤとのクリアランス確保を両立するため、バルブ駆動を直打式からフィンガーフォロアーロッカーアーム式へ変更。
デイトナD O H C の特徴であるコンパクトなヘッド形状はそのまま、バルブはさみ角をIN25°/EX26°からIN20°/EX21°まで挟角化しました。
また、ポートはフローベンチを駆使し、流量と流速を極限まで煮詰めたハイベロシティポートを採用。
燃焼室はINバルブ径を旧DOHCのφ21からφ21.5まで大径化。
スパークプラグはφ8を採用。
φ54セラミックコーティングシリンダー、WISECO製鍛造ピストンと、54.5mmロングストローククランクとの組合せで、原付2種の排気量内で最大の124.8ccを実現。
デイトナ社PAレーシングアウターローターキット(73421)または、MIDアウターローターキット(73246)との同時装着が必要です。
デイトナ社2次側クラッチキットとの同時装着を推奨します。
本品を取り付ける場合には、クランクケースボーリング(56.6〜56.8mm、深さ27.0mm)を事前に行ない、同時装着必要部品の交換などの準備をしてからクランクケース(腰下)の組み付けを行なってください。
なお、デイトナ社ではクランクケースボーリングは行なっておりません。専門業者にご依頼ください。
付属プラグ(NGK ER8)を必ずご使用ください。ノーマルプラグ使用不可。
CD90用クランクケース等の強化クランクケースの同時装着を推奨します。
※本品はシリンダーおよびヘッドの形状が純正よりも大きくなっており、足回りパーツとの組み合わせによっては、タイヤとヘッドが接触してしまう可能性があります。
※本品はボア&ストロークアップ化に伴い、振動の増加が考えられます。ご了承ください。
※この商品の装着にあたっては必ず、オイルクーラーと油温計を装着し、油温の管理をしてください。
高温(100度以上)での連続走行を行なうとエンジンが破損する可能性があります。
※デイトナ社指定回転域(MAX=12,500rpm)を超えて使用した場合、エンジンが破損する恐れがあります。ご注意ください。

【商品名】
フィンガーフォロアー DOHC ボア&ストロークアップキット(124.8cc)
【商品番号】
D2-75012
【メーカー】
DAYTONA(デイトナ)
【車種メーカー】
HONDA(ホンダ)
【適合車種】
モンキー/ゴリラ(12V Z50JN/P/S/T/V/W/X Z50J-2000001)、モンキー/ゴリラ(12V Z50JY/1/2/4/5/6/7 AB27-1000001〜)、モンキーバハ(Z50JM/N/P Z50J-1700001〜)
【送料無料】
価格
182,628円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
メーカー取寄せ 通常2〜3営業日で発送
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

今月のみどころ

  • の道具とくらし」 (高岡市立博物館)
  • 所蔵作品展「没後50年 中村研一の制作―日常風景とともに」 (中村研一記念小金井市立はけの森美術館)
  • 特別展  やきもの新時代―富国と栄華の19世紀―
  • 「あたらしい資料のご紹介」
  • 企画展「神保の城 佐々の城 ―富山市内の戦国城館―」 (富山市郷土博物館)
  • ページトップへ